鑑定書なしのダイヤモンドの買取価格は?

ダイヤモンドを購入すると鑑定書や鑑別書といった書類がついてくることがあります。
鑑別書は宝石全般に対して発行する、天然か人工かどうかのちがいや宝石の種類を調査して記入したものです。

一方、鑑定書はダイヤモンドのみに発行される審査結果です。
そのため、ダイヤモンド・グレーディング・レポートと呼ぶこともあります。
ダイヤモンドはカラット、カット、クラリティ、カラーといういわゆる「4C」のほか、石そのものの形で審査されます。
鑑定書は鑑別書と異なりダイヤモンドそのものの価値について詳しくレポートしたものですので、持っていると比較的重要視されます。

もしダイヤモンド買取の際に鑑定書がなければ、買取価格は下がってしまうのでしょうか?
結論はNOです。

なぜならダイヤモンド買取業者が、実際に見て査定した金額が提示されるため、必ずしも鑑定書のとおりの評価がされるとは限らないからです。
持ち込まれたダイヤモンドの現物には細かいキズがあったりもします。
そのためダイヤモンドの買取では、鑑定士が実際に査定した結果が重要なのです。

ですが、鑑定書が非常に役立つケースもあります。
現物を見ないで査定するLINEなどのダイヤモンド買取査定や電話査定では、鑑定書があるとより正確な査定ができます。
ダイヤモンドを直接お店に持参せず査定する場合は、鑑定書を持っていた方がいいでしょう。