ダイヤモンド買取で大切なポイントを解説!

買取のおいて、常に需要を持ち合わせているのがダイヤモンドです。
ダイヤモンドは永遠の輝き、という謳い文句を知る人は多いと思いますが、やはり人間として永遠の憧れがダイヤモンドでもあります。
こういった背景もあるのか、ダイヤモンド買取は世界中で毎日取引されています。
もしかしたら、家に使わなくなったダイヤモンドのジュエリーや製品などがあるかもしれません。
しかし、ダイヤモンドって何でも良いの?と、思っている方も少なく無いですよね。
実は、ダイヤモンドの価格の決まり方は市場相場も勿論なのですが、4Cという要因がかなり大部分を占めている事をご存知でしょうか。
ここでは、ダイヤモンドの買取に重要な4Cの説明をしますのでチェックしてください。

カラット

まず、4Cでも多くの方が知っているのがこのカラットでしょう。
カラットとは、重量の事でありこのカラット自体が大きくなれば価値が高いと評価されるため、貴重なものとして重宝されています。
まず、ダイヤモンド自体に大きな石が少ないという事もあり、結果的に1カラット違うだけでも買取価格が大きく変化をするのです。
さらに、1カラットのダイヤ4つより、4カラットのダイヤモンドの方が希少価値も高く、結果的に重量が重くなるために高価買取となるのです。
1ctで直径6.5mm以上、0.75ctで直径6mm以上と直径が大きいものである事もダイヤモンドが高価買取となる要因とされています。

カット

ダイヤモンドの4Cで重要なものひとつが、カットです。
カットはダイヤモンドの最終的な全体バランスに研磨の仕上げ状態を表すものとなっています。
実は、ダイヤモンドの4Cの中で、カットだけが人間の手が加えられるものとなっています。
そのために、非常に厳しい目で見られる可能性もあります。
カットグレードというものが存在しており、プロポーション要素“テーブルサイズ・全体の深さ・クラウン角度高さ・スター長さ等”に、目視評価要素“キューレットサイズ・ポリッシュ・シンメトリー”などが要因としてカットで確認されます。
また、テーブル側8つのアローマーク、パビリオン部分から8つのハートマークとなったハート&キューピットというものが、特に高価買取となると言われています。

クラリティ

4Cのうちのひとつに、クラリティがあります。
このクラリティなのですが、内包物の事を言います。
天然の石である以上、必ずと言って良いほどに内包物を持ち合わせているのが、このダイヤモンドです。
内包物の数に大きさ、色、場所などで決められており、当然ながら内包物の無い美しく透明度の高いものには、高評価とが与えられます。
現在ではこのクラリティを、改変処置するという技術が開発されているようです。
ーザー光線を使って、黒色インクルージョンを除去するレーザードリルホール処置、クラクチュア部分に、高屈折ガラスを充填する高屈折ガラス充填となっています。
しかし、天然からの美しさには敵いませんので、そのあたりだけは買取価格が低くなると言われています。

カラー

そして、ダイヤモンドの4Cを語る時に外せないのが、カラーです。
カラーというと不思議に思われるかもしれません。
透明なのがダイヤモンドなのでは?と、認識している人が殆どだからです。
しかし、実はダイヤモンドは完全なる無色もあるのですが薄い黄色など、数々の種類が存在しているのです当然ですが、この透明度が高ければ高いほどに、注目されて高価買取が期待できるのです。
さらに、蛍光性などもグレーティングレポートには欄があります。
NONE・FAINT・MEDIUM BLUE・ STRONG BLUE・VERY STRONG BLUEと、分けられており、蛍光性があるというだけでも、大きく評価が下がるようです。
4Cを意識して、ダイヤモンド買取を有意義なものにしてみてください。