アイテム別、買取価格の決まり方を紹介!

買取店に訪れる人の中には、様々な目的があるでしょう。
金やプラチナなどの鑑定をしてほしいとか、使わなくなったブランド品を買取してほしいとか、宝石などを査定してほしいとか…。
しかし、そういった時に何も考えず買取を行い帰宅すると思うのですが、こういった品物の買取価格ってどうやって決まるのか気になりませんか?そのアイテムごとに、どうやって査定価格が決まって行くのか、案外知らない方が多いのです。
逆に、こういった事を知っているだけでも、高価買取のコツとなっていくので知っておく事は大切な事かもしれません。
では、早速そんな買取価格の決まり方をアイテムごとに紹介していきましょう。

金やプラチナなどの貴金属

金やプラチナの価格というのは、実は何となくですが世界全体で決まっています。
勿論、国によって様々なのですが、毎日相場が出ているのです。
1gに大していくら?など、重量で決まってきます。
そして、買取店舗のよってその相場から自らのお店の相場を打ち出し、毎日更新させている訳です。
では、重量が一番高いところであれば、高価買取となるのか?と、思われますが、案外そうでも無いのです。
そこからの手数料の有無、またはその貴金属製品のブランドや付属品など、重量に加えたプラスαの査定額の増額がある場合もあります。
どこが良いかは、重量だけでなく、プラスαの査定がどうなのか?が、肝心です。

宝石の買取価格

やはり、何時の時代も宝石の輝きというのは、人々の心を輝かせます。
さて、そんな宝石もジュエリーとして加工されていたり、ルースという原石など様々な形態で持ち込まれます。
では、どういった規定で価格が決まっていくのでしょうか。
まず、注目したいのが質とキズなどです。
やはり、透明度など宝石によっては大きく違って行きます。
天然の石ですので、そのあたりが価格の決め手となるようです。
さらに、付属している貴金属にも価値がある場合は、当然プラスαでの査定を行ってくれます。
基本的に、宝石の場合なのですが、質や大きさなどの価値と考えて問題は無いでしょう。
お手持ちの宝石を一度確かめてみてください。

ブランド品などの買取

買取となると、やはりブランド品が多いかと思います。
まず、ブランドのモデルの定価と相場などをチェックしてから価格が捻出されていきます。
そして、その相場からキズであったり色褪せに損傷、さらに型くずれなどがチェックされていきます。
また、ブランド品の場合はあまりにも酷い扱いをしなければ、耐久性があるので案外古いモデルであっても高価買取となる場合があるようです。
しかし、新品というのは勿論の事、シーズンに合ったものであれば高価買取となるのは常です。
高価買取を狙うのであれば、できるだけこういったバランスを大切にしてメンテナンスをしておく事をオススメしています。

ダイヤモンドの買取

買取の王様…と、いうのは大袈裟かもしれませんが、ダイヤモンドも買取には欠かせない存在です。
しかし、一体どういった価格の決まり方なのでしょうか。
第一に、ダイヤモンドの買取の場合は相場が関係しています。
需要は常にありますが、下がる事もあれば上がる事もあります。
こういったバランスを調査して決まっています。
さらに、ダイヤモンドは大きさ。
カラットというものですね。
さらに、キズなどさまざまな要素が絡んできます。
4Cと言われてるものなのですが、この品位が長ければ高いほど、当然ながら買取価格は高くなっていきます。
そういった意味でも、品質の高いダイヤは常に高価買取となる可能性があるのです。

▼最新投稿▼